ホーム > F1(category) TotalPages201 next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-29 Wed 16:21

ダフト・パンク、モナコ・グランプリにロゴ入りのレーシングカー登場




写真拡大
日曜日(5月26日)、モナコ・グランプリでダフト・パンクのロゴが入ったレーシングカーが登場し、ダフト・パンクのメンバー2人も応援に駆けつけた。

◆「Daft Punk Lotus F1 Team」映像

彼らのレーベルColumbia Recordsが2013年3月、英国のF1チームLOTUSとスポンサー契約を結び、ダフト・パンクがチームの車(E20)に名前がペイントされる初のアーティストとなった。コックピットでも彼らのロゴがフィーチャーされたという。

LOTUS F1 TEAMは当日、グランプリを訪れたメンバーの写真を続々とTwitterに掲載し、“2人の特別クルー・メンバー”と紹介した。チームのオフィシャル・サイト(Lotusf1team.com)では現在、ダフト・パンクとコラボした映像も公開中。

この日、ダフト・パンクのニュー・アルバム『Random Access Memories』はUKチャートのNo.1に輝いたが、残念ながら、LOTUSチームは「Get Lucky」とはいかなかった。

Ako Suzuki, London
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:ダフト・パンク モナコ アーティスト ACCESS ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7717199/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ダフト・パンク、モナコ・グランプリにロゴ入りのレーシングカー登場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000678-bark-musi




スポンサーサイト
【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-29 Wed 08:14

マクラーレンがハイパフォーマンス・スポーツカー『マクラーレン P1』を日本初公開




名門F1チーム、マクラーレンのグループ企業であるハイパフォーマンス・スポーツカー・メーカー、マクラーレン・オートモーティブとアジア太平洋地域の販売を統括・運営するマクラーレン・オートモーティブ・アジアは、ハイパフォーマンス・スポーツカー『マクラーレン P1』の実車を日本初公開した。生産台数は375台限定で、日本国内における車両販売価格は9661万5000円。
【『マクラーレン P1』の主な特徴】
 ・3.8LツインターボエンジンとモーターによるHV方式
・最高出力916PS(903bhp)、最大トルク900Nmを達成
・0-300km/h加速は17秒未満

 今回の『マクラーレン P1』の日本初公開に合せ、マクラーレン・オートモーティブからリサーチ・ディレクターのディック・グローバーとデザイン・ディレクターのフランク・ステファンソン、マクラーレン・オートモーティブ・アジアからリージョナル・ディレクターのミルコ・ボルディガが来日した。
『マクラーレン P1』は、『MP4-12C』、『MP4-12C Spider』に続く、マクラーレン・オートモーティブのハイパフォーマンス・モデルの第3弾。オンロードおよびサーキットにおける世界最高のドライバーズカーを作り上げることを目標に、50年に渡って培ってきた、エアロダイナミクスと軽量カーボン・ファイバー・テクノロジーをはじめとするレーシングの専門技術と実績、画期的なロードカー製造における経験の集大成として開発されたクルマだ。


  マクラーレンは世界初のカーボン製F1マシン(1981年の「『MP4/1』)、そして世界初のオール・カーボン製ボディのロードカー(1993年の『マクラーレン F1』)を開発するなど、カーボン・ファイバー・テクノロジーにおけるパイオニアで、これまでどのメーカーよりも多くカーボン製ロードカーを生産してきた。今回の『マクラーレン P1』にも、カーボン・ファイバー製MonoCageを採用しており、ルーフ、ボディ下部、ルーフ・シュノーケル、エンジン・エア・インテーク、バッテリーおよび電源ハウジングを含む重量はわずか90kgと、ロードカー史上最軽量レベルのボディ構造を誇っている。
 また『マクラーレン F1』は、ミッドシップ3.8LツインターボV8ガソリン・エンジンと高効率なモーターを備え、最高のスロットル・レスポンス、日常のドライバビリティ、そして最高速度を最適なバランスで実現。ガソリン・エンジンとモーターを組み合わせることで、最高出力916PS(903bhp)、最大トルク900Nmを発揮し、あらゆる回転域で優れたスロットル・レスポンスをもたらす。そして、F1由来のテクノロジーである、ドラッグ・リダクション・システム(DRS)とインスタント・パワー・アシスト・システム(IPAS)により、0-100km/h加速は3秒未満、0-200km/h加速は7秒未満という驚異的なパフォーマンスを発揮。
 さらに0-300km/h加速は17秒未満で、これは伝説のロードカー『マクラーレン F1』と比べて5秒も短縮された。ただし、最高速度に関してはリミッターの作動により、350km/hに制限されている。効率性においても圧倒的なパフォーマンスを有し、CO2排出量は200g/km未満を実現しているほか、モーターのみでも10km以上ゼロエミッション走行が可能だ。
なお、来日したミルコ・ボルディガは以下のようにコメントしている。
「本日、マクラーレン・オートモーティブの最新モデル『マクラーレン P1』を日本の皆様にご紹介できたことを大変うれしく思います。マクラーレンにとって販売開始して1周年を迎える日本市場は、知識が豊富でスーパーカーへの理解が深いお客様が多い市場であり、経済力も無視できない市場であり、その日本市場での成功はマクラーレンの成功と発展に非常に重要であると考えています」
<関連情報>
http://www.tokyo.mclaren.com/
(文/編集部)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ
外部サイト
マツダが10月から電気自動車『デミオEV』のリース販売を開始【石川真禧照の解体新車】ニューヨークオートショー2013レポート<海外メーカー編>


http://news.livedoor.com/article/detail/7715713/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ルノー、
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000010-rps-moto




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-28 Tue 23:43

ホンダF1復帰決定で期待するのは、「強いHonda」の復活以上に「強い現場」の復活だ【連載:世良耕太】




F1ジャーナリスト世良耕太の自動車開発探訪F1・自動車ジャーナリスト
世良耕太(せら・こうた)
モータリングライター&エディター。出版社勤務後、独立し、モータースポーツを中心に取材を行う。主な寄稿誌は『Motor Fan illustrated』(三栄書房)、『グランプリトクシュウ』(エムオン・エンタテインメント)、『オートスポーツ』(イデア)。近編著に『F1のテクノロジー5』(三栄書房/1680円)、オーディオブック『F1ジャーナリスト世良耕太の知られざるF1 Part2』(オトバンク/500円)など
F1復帰を前提にホンダの狙いを読んだのが2カ月前のことだったが(下記リンク参照)、ついに正式発表された。5月19日、本田技研工業は“緊急記者会見”を開き、かつての僚友マクラーレンとのジョイントプロジェクトとして、2015年からF1に参戦すると発表した。
 「ホンダF1復帰」の狙いについての過去記事と、過去の参戦歴はコチラ
ホンダはエンジンおよびエネルギー回生システムを開発・製造・供給する一方、マクラーレンは車体の開発・製造およびチーム運営を担当する。
From Honda
2015年からの“再タッグ”を発表したマクラーレンのウィットマーシュCEO(写真左)とホンダの伊東孝紳社長(写真右)
2000年~2008年の第3期F1参戦では、ホンダはエンジンの開発だけでなく、車体開発やチーム運営にまで手を広げた。だが、「満足のいく結果を得られないまま、やむを得ず撤退に踏み切った」(伊東孝紳・本田技研工業代表取締役社長)経緯がある。
ホンダとしては、エンジンの開発に強みを持っていることは自負していた。だから、次のステップとして車体開発領域の技術を強くしようとした。自動車を開発・製造するメーカーとしては当然の欲求だったろう(ホンダを自動車メーカーとはあえて呼ばない。バイクや耕運機、家庭用コージェネユニットに加え、ビジネスジェットも開発・製造しているので)。
非常にポジティブな行動ではあったが、F1グランプリという戦場で全体をマネジメントするのは予想以上に大変で、満足のいく結果に結び付けることはできなかった。
結果が伴わなかっただけで「劣った技術」と評するのは軽率だ
撮影:世良耕太
復帰会見と合わせて公開されていた、ホンダ歴代のF1カー
ホンダが考える「結果」とは「勝利」である。それも1回や2回ではなく、常勝を求めている。「ホンダは創業以来、レースに参戦し、勝利することで成長してきた企業です」と、伊東社長は明言する。勝ち続けることが重要なのだ。
マクラーレンとはかつて、1988年から1992年までパートナーを組んだ。この間、80戦に参戦し、ポールポジション53回、優勝44回を記録。コンストラクターズチャンピオンを4回獲得した。アイルトン・セナとアラン・プロストを擁した1988年は、16戦15勝の圧倒的な強さでシーズンを制した。
ホンダが2015年からの参戦でイメージする「勝利」とは、第2期F1参戦活動で見せた、圧倒的な強さで手に入れる「勝利」である。
だが、ここで疑問が湧く。チームを勝利に導く技術は優秀には違いないが、勝利に結び付かなかった技術は、結果が伴わなかっただけで「劣った技術」と評価してしまっていいのだろうかと。
レースは水ものだ。技術は優れていても、オペレーションや不可抗力によって勝利を逃すこともある。結果的に2位に終わろうとも、1位を目指して開発した技術や、その技術を開発するに至るまでのプロセスは、会社やエンジニアの血となり肉となって、のちの開発に生きるのではないか。
投じたエネルギーは決して無駄にはならないはずだ。
失敗と言われた「第3期参戦」の裏で進んでいた、エンジン性能の向上
それでも、レースに出るからには勝たなければならないのである。それが、ホンダという会社の風土なのだろう。2年前になるが、第3期参戦でエンジン開発に携わったエンジニアは、参戦活動を総括してこう言った。
「2000年から2008年まで、ホンダは第3期F1に参戦しましたが、1勝153敗という結果でした。(わたしたちは)F1エンジンに求められる価値を高めて進化させましたが、残念ながら冷徹な結果です」
153敗が我慢ならないのだ。
付け加えておくが、この間、ホンダはエンジンの性能を飛躍的に向上させている。1995年のエンジンを基準にすれば、2005年のエンジンは同じ重量ならば出力を2倍出すことができたし、出力が同じならば、重量は半分で済ませることができた。
もっと付け加えると、第2期参戦(1983年~1992年)終盤の3.5L・V10エンジンの重量は160kg前後だったが、3L・V10を開発していた第3期の終盤は88.6kgまで軽量化されていた。
2.4L・V8に切り替わった2006年以降は最低重量を95kgとする規定がレギュレーションに盛り込まれたため、軽量化に歯止めがかかった。だが、規則による縛りがなかったとしたら、「78kgで作れただろう」と、くだんのエンジニアは説明した。「これがF1エンジンの進化のスピード」なのだと。
その進化のスピードを第4期参戦では、直噴ターボエンジンと、運動エネルギー回生システムおよび熱エネルギー回生システムの2種のハイブリッドシステムに求めることになる。
若い技術者が「最後は執念」の世界で学ぶことのメリット
技術を進化させる際に重要なのは、人の真似ではなく、独自技術で取り組むことだと、くだんのエンジニアは力説する。その彼は、自らの経験から、F1参戦の要諦を次のようにまとめた。
・ 先んずることで優位に
・ 技術者としてやりたいことを実現させる
・ 見聞きした技術はそのまま使わない(真理を理解し、独自に消化しないと使えない)
・ 最後は執念
伊東社長は記者会見でこんなことを言った。
「F1の新たな技術の方向性とホンダが目指す開発の方向性が合致していく中で、将来のホンダを担う若い技術者からも“F1に挑戦したい”という声が挙がるようになってきました。
世界中の自動車メーカーが熾烈な競争を繰り広げる中、ホンダが勝ち残っていくためには、これからも卓越した技術進化を続けていかなければなりません。そのためには若い技術者が自らの技術を世界で試し、磨く場が必要です。今のF1はそれを実現するのに最適な場であると考えました」
From Honda
圧倒的な強さを誇った「セナ時代」の再来を望むF1ファンも多いが、今回のホンダ復帰を異なる視点で見ると…
かつての実績を頼りにベテランや中堅が「F1に行こうぜ」と熱くなったところで、若手が面倒くさそうな態度をしていては意味がない。第2期参戦のころは会社自体が若かったこともあり、全社一丸の活気にあふれていたという。
各部署の優秀なエンジニアは本人や上司に有無を言わせることなく、F1に引っ張られていった。それを許すムードが社内にあった。
会社として成熟したころに参戦した第3期は、業務の一環という意識でF1プロジェクトに携わった若手もいたようだ。業務の一環だから、勝ち負けに感情が左右されることはない。負けて悔しがるよりもむしろ、早く平穏な業務に戻れることを希望した。
それが成熟した企業と21世紀の若手エンジニア像かと思いきや、「勝ち残るためにF1に挑戦したい」と申し出る若手がいるのだという。ひらめきでも理詰めでもなく、「最後は執念」が必要な世界に自ら飛び込もうとしているのだ。ホンダのパワー、恐るべし、であり、楽しみである。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
ホンダF1復帰の狙いは、「次の本田宗一郎」を育てることにあるのかもしれない【連載:世良耕太】ルノーが公開した「次世代F1エンジン」に見え隠れする、日の丸サプライヤーの勝機と課題【連載:世良耕太⑮】[連載:世良耕太②] F1新規定が浮き彫りにした、エンジン開発の「ガラパゴス化」から脱出せよ関連ワード:ホンダ エンジニア マクラーレン KG ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7713258/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


セバスチャン・オジエ、ポルシェ・スーパーカップでローブを撃破
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000010-rcg-moto




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-28 Tue 07:48

アップル、生命線・中国市場で岐路に…バッシングの陰に中国独自通信方式をめぐる攻防




写真拡大
 中国を相手にした経済問題は、すなわち政治問題である。経済問題が経済のメカニズムで片付くことはない。それが中国流だ。経済案件でも中華思想がまかり通る。
 中国で米アップルへの非難が沸き起こり、ティム・クックCEO(最高経営責任者)が公式に謝罪するという騒ぎがあった。これらのアップル叩きは、中国のお家芸である政治キャンペーンにほかならなかった。
 アップル・バッシングの口火を切ったのは国営中国中央テレビ(CCTV)だった。3月15日の「世界消費者権利デー」に放映した特集番組「3・15の夕べ」において、アップル製品が保証期間内に故障したとする内容が放送されたのだ。「他国では新品と交換するのに中国では修理に応じる」だけで、「アップルは欲深く、誠意がなく、無比の傲慢さを持つ」と非難した。これをきっかけに、中国共産党の機関紙・人民日報や政府系通信社・新華社による怒涛のようなアップル批判が巻き起こった。
「アップルが傲慢であるという印象を与えた。さまざまな心配や誤解を与えたことを、心から謝罪したい」
 アップルのクックCEOは4月1日、中国の消費者向けに謝罪する声明を発表した。アップルは今後、iPhone 4とiPhone 4Sの修理が必要になった場合には、新しい端末と交換した上で、新たに1年間の保証を付けるというのだ。
 中国外務省の報道官は2日、アップルの対応を「評価する」とコメントした。これでアップル・バッシングは収束した。
 中国メディアのアップルたたきの意図の奥深さ、底意地の悪さに比べて、アップルが謝罪した理由は容易に想像できる。アップルにとって中国は米国に次ぐ第2の重要な市場であり、クックCEOは1月に「最終的には(中国が)最大市場になる」との見通しを示していた。
 2012年10-12月期の中国市場でのアップルのシェアは6番目の7.9%だった。トップは韓国サムスン電子の15.4%(IDCの調査)。アップルはシェアの拡大を狙い、中国にある直営店を向こう2年で2倍に増やす計画だ。
 こういう事情があって、アップルは中国政府と事を構えるわけにはいかなかったのだ。傲慢さを悔い改めて、白旗を掲げるしか選択肢はなかった。中国とケンカになれば、同社は莫大な損失を被ることになるからだ。
 米ウォールストリート・ジャーナル電子版(4月2日付)はシティーグループのアナリスト、グレン・ヤン氏のレポートを掲載した。<パソコン大手の米ヒューレット・パッカード(HP)が2010年3月に中国で同じような「プロパガンダキャンペーン(宣伝活動)」に直面し、その後の12カ月間で同社が中国で得ていた市場シェア42%相当が犠牲になった(失われたということ)>と指摘した。東芝も同じような問題に直面して、中国の携帯電話市場から撤退した。
 ヒューレット・パッカード(HP)の例を踏まえ<アップルが中国のシェアを50%失うと年間131億ドル(約1兆3000億円=1ドル99円で換算)の売り上げを失うのと同じことになり、1株当たり利益に換算すると約3.62ドルの喪失になると弾いた>としている。アップルが中国の圧力に屈した懐事情は、ズバリ金(ドル)である。
 一方、中国の意図はどこにあったのか? 修理の仕方に難癖をつけるために、政府系の媒体が直々に乗り出したわけではないだろう。米メディアには「(米国政府が)米企業がサイバー攻撃を受けたことに関して、中国を名指しで批判したからだ。そのしっぺ返しを受けた」との見方が多い。
 反日キャンペーンは中国の年中行事となっているが、標的になるのは日本企業だけではない。最近では、ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)や米ファーストフードのKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)がターゲットになった。2012年、CCTVの標的になったマクドナルドが放送の翌日に謝罪したのに対し、アップルは2週間もよく粘ったと(評価)する声があったほどだ。
 「AERA」4月22日号(朝日新聞出版)は、専門家の見方をこう伝えている。
<中国の携帯電話最大手の中国移動(チャイナモバイル)は、iPhoneを取り扱うかどうかをめぐり、アップルと交渉を続けているが、難航していた。ネックとなったのは中国移動が中国独自の3G規格「TD-SCDMA」方式を採用していることだ。同方式の研究開発に中国政府は長年にわたり大量の資金と人を投入してきた>
 アップルは世界基準の通信方式を採用しているから、TD-SCDMA方式の採用に乗り気でない。<「アップルの端末がTD-SCDMAを採用してくれないと、同方式はますます利用されなくなってしまうと中国政府は焦っていた」。専門家はそう指摘する>とも書く。アップルにTD-SCDMAを採用させるために政府系メディアを総動員したのが、今回のバッシングの深層(真相)である。

 アップルの13年1-3月期(第1四半期)決算は約10年ぶりに最終減益となったが、中国では急速に事業を拡大している。中国エリア(香港・台湾を含む)の売上高は11%増の88億ドル(約8700億円=1ドル99円で換算)と過去最高を記録した。ただ、伸び率は昨年10-12月期の67%増を大きく下回った。
 4-6月期(第2四半期)の売り上げ見通しはアナリストの予想を下回り、アップルは成長が鈍化しているとの懸念が強まっている。
 だから中国市場が生命線になる。中国国内の店舗数を2年で倍増する計画は、成長鈍化の苦しさと表裏一体の関係にある。しかも、中国で店舗を新規に開設するには政府の許可が必要だ。これが中国政府の有力なカードになっているのは、中国に進出している企業の、いわば常識である。新規開設を認める代わりにTD-SCDMAの採用を認めさせることを狙っているというのが、業界の共通した見方なのだ。
 クックCEOは決算発表の席で触れなかったが、業界では「13年後半か14年初めに、アップルとチャイナモバイルの提携が実現するだろう」と観測している。アップルが中国向けに TD-SCDMAに対応したiPhoneの後継機を発売する。このiPhoneをチャイナモバイルに加入している7億人の顧客に売り込むという戦略だ。まさに、政治的取引そのものである。
 国際的に孤立した、中国独自の技術を採用するかどうかで勝負は決まる。採用したら中国側の勝ち、採用しなかったらアップルは中国から締め出されることになろう。いずれにせよ、アップルに勝ち目はない。
 アップルの中国戦略は岐路に立たされている。
(文=編集部)
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
iPhone一人勝ちに変調、脱アップル化進めるメーカーの業績が堅調にアップルとディズニー 顧客をファンに変える共通の法則とは電子書籍普及がついに本格化か…アップル参入、角川は1冊100円 主力各社出揃う関連ワード:中国 アップル iPhone アナリスト ヒューレット・パッカード ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7712493/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


<スマホ・タブレット税>税収を文化の振興策に 仏が検討
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130528-00000001-maiall-bus_all




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-27 Mon 23:59




写真拡大
モナコGP優勝のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG、2013年)Getty Images 写真一覧(3件)予選順位からさほど変動のない決勝リザルトに見えるが、内容は何度もセーフティーカーが入り、途中で赤旗も提示されるなど、荒れた展開だった。そんななか、今季初優勝を飾ったロズベルグの走りは終始完璧な内容だった。

優勝
ロズベルグ(メルセデスAMG)

「まるで奇跡だよ。僕にとってここは我が家だ。ここで育ち、暮らし、学校に通ったモナコで勝てたことは特別な意味がある。僕にとって特別な日であり、このウィークエンド全体がパーフェクトに推移した」

「レースのスタートは激しい競り合いになった。僕がスタートを失敗してセバスチャンとルイスの接近を許してしまったが、何とか切り抜けることができた。そこから先は余裕でレースをコントロールすることができた。マシンの仕上がりは良好でタイヤも問題なくもってくれた。このことが今日の勝利の決め手であり、バルセロナの状態からここまで改善してくれたチームにとても感謝している」

「僕が史上初の親子によるモナコウイナーなのかい?今聞かされて凄いことだと思ったけど、レース中はまったく気にかけていなかった。僕としては今日のレースに勝てただけで十分に嬉しいし、シーズン序盤の困難な時期を振り切れたという思いで一杯だ。最近の2戦ではポールポジションを取りながらポジションを落としたから、今日のレースでもそのことが常に脳裏にあった。僕はリードが続いて欲しいと常に願っていた。最前列からスタートして後方に転落するのはもう嫌だからね」

「今日はチームが素晴らしいマシンを用意してくれた。短い期間によくここまで改良してくれたと思う。個々の部分の改良は小さなものだが、モナコはわれわれのマシンに適していたから、勝利には十分だったということになる」

2位
ベッテル(レッドブル)

「レースについては、このリザルトに十分満足している。オーバーテイクが困難だということがあるしね。ニコ(ロズベルグ)は立派な仕事をして、レースを最後までコントロールして勝ったのだから、僕は素直に祝福したい。彼にはペースがあったし彼が何かをトライしようとしたとき、タイヤもしっかりとそれに応じた」

「僕のスタートは良かったけど、とにかく隙間がなかった。メルセデスAMGを2台ともパスするだけの勢いはあったと思うが、隙間がないのだから仕方がない。やむを得ずスロットルを緩めたところへマーク(ウェーバー)が現れて、タイトなフォーメーションのまま1コーナーに飛び込むことになった」

「そこから先の1周目は驚くほどのスローペースだった。あれはシルバーアロウズなんてものじゃない。高速道路を2台のバスが並んで走ってるのと変わらない。彼らのストラテジーははっきりと理解できたし、その意味では見事なやり方だったと思うよ。ストラテジーという点で、僕たちは及ばなかった。ルイスを追い越したのはチームのピットストップを含めた判断による部分が大きい。今日のこのリザルトなら文句はないと思っている。チームワークの結果としては立派なものだ」

3位
ウェーバー(レッドブル)

「2列目のスタートということで不利だと思っていたが、スタートは自分でも驚くくらいに良かった。残念なことに1コーナーに向かって僕もセバスチャンもまったく突破口を見つけることができなかった。そこから先はタイヤの温存で1ストップを守ることに注意を集中したよ」

「もしも先頭以下の集団が詰まった場合、2度目のストップをやると確実に渋滞の中に出て行くことになることは予想がついた。というわけで、誰もがロングスティントでマシンを騙し騙し走った」

「ルイス(ハミルトン)を抜けたのは良かった。ピットストップの前後にポジションを落とすのは面白いことじゃないから、今日の彼はさぞかし不満だろうと思う。再スタートをプライムでこなすのは楽じゃなかったが、後はとにかくゆっくりと周回してチェッカーを待つだけのレースになったよ」
《レスポンス 編集部》すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ関連ワード:モナコ 奇跡 レッドブル AMG スロット 写真一覧(3件)
モナコGP優勝のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG、2013年)Getty
モナコGP優勝のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG、2013年)Getty
ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7711847/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ウェバー、ライバルチーム移籍を否定せず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130526-00000033-fliv-moto




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-27 Mon 23:59

【F1 モナコGP】優勝のロズベルグ「まるで奇跡」




"「OLYMPUS E-P5」&「M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R」"  2012年、オリンパスのミラーレス一眼は、3月に登場した「OLYMPUS OM-D E-M5」を皮切りに、秋にはOM-D画質と称して同じ撮像素子を搭載したエントリーモデル「OLYMPUS PEN Mini E-PM2」と「OLYMPUS PEN Lite E-PL5」と投入。撮像素子を統一し、ラインアップをすっきりさせた……のはよいことだが、ひとつだけ心配させられたのは、PENシリーズの主力モデルだったPシリーズに後継機が出なかったことだ。

【写真で見る:PENシリーズのフラグシップ「OLYMPUS PEN E-P5」】

 PENの主力モデルはどうなったのか、という不安の声も出ていた中、満を持して登場したのが「OLYMPUS PEN E-P5」である。長く待たせた分か、中味はフルモデルチェンジ。最上位モデルであるOM-D E-M5をしのぐ高性能を手に入れ、さらに操作系も一新し、ハイエンド機に相応しいカメラとして登場したのだ。そのファーストインプレッションである。

 なお、本稿に使用した機材はβ機であることをあらかじめお断りしておく。

●OM-Dをしのぐ高性能とは

 E-P5はP3に比べて大きく進化した。

 基本性能はOM-D E-M5(以下、OM-Dと略します)をベースにさらに強化したもの、と思って良さそうだ。

 撮像素子はOM-D、PM2やPL5と同じでマイクロフォーサーズサイズの1600万画素CMOSセンサーである。ボディ内手ブレ補正はOM-Dと同じ5軸手ブレ補正を搭載。上下左右の回転ブレにくわえて、上下左右のシフトブレとローリングのブレにも対応。特にちょっとしたブレにシビアなマクロ撮影時にこれがよく効く。

 さらに「IS-AUTO」として自動的に流し撮りへ対応。流し撮り時(製品発表会ではブランコを追いかける円弧状の流し撮りへの対応も披露)は自動的に必要な方向の手ブレだけ補正されるなど強化された。

 続いてシャッターユニット。PENもOM-Dも最高1/4000秒だったが、P5は1/8000秒という超高速シャッターに対応。一眼レフでもハイエンド機でしか実現してない速さだ。これに加えて、ISOローとしてISO100相当のISO感度設定にも対応した。

 例えば同社は17mm、45mm、75mmとF1.8の単焦点レンズを用意しているが、晴天下では明るすぎて絞り開放で使えない。1/8000秒でISO100ならかなりの晴天下でも使えるし、1/8000秒あればかなりの被写体をピシッと止められる。メカ的にはOM-Dをさらに強化したものと思っていいだろう。

 もうひとつの機能的な強化点はWi-Fi内蔵。

 他社に比べてWi-Fi搭載が遅れていたオリンパスであるけれども、E-P5でとうとう搭載。スマホへの写真転送とリモート撮影をサポートする。ユニークなのはカメラにスマホを接続する際面倒だったパスワード入力をQRコードで解決しようというもの。

 オリンパスの専用アプリからQRコードを読み込むと設定が自動的にセットされる。パナソニックはNFCを利用したが、QRコードならNFC未対応スマホ(iPhoneとか)でも大丈夫。今回は使用した時期の関係でスマホ側の対応アプリがリリースされておらず、試せなかった。製品版に期待だ。

●新しい操作系は素晴らしい使い勝手

 デザインも変わった。ロゴが「OLYMPUS」から「OLYMPUS PEN」になったのは大きな違いなんだけれども、それ以上に操作系に注目したい。

 従来のPENは背面にある円筒形のダイヤルと、十字キー周りのロータリーダイヤルで露出のコントロールをしていたのだがそこを一新。OM-Dで定評のある前後ダイヤル式になった。シャッターボタンの下に前ダイヤル、後ろに後ダイヤルがあり、グリップしたままどちらも回せる。これはいい。

 さらに背面の録画ボタンの下にFnレバー(ファンクションレバー)がついた。これがかなりよい。

 レバーを1にすると2つのダイヤルは露出系(絞りと露出補正とか)、2にカチッと倒すと2つのダイヤルがISO感度とホワイトバランスの各調整に切り替わるのだ。レバー操作ひとつで、ダイヤル4つ分に使える。これは便利(ただし、ISO感度とWB以外には割り当てられない)。

 また、ダイヤルはいつも露出系にしときたい、レバーを2にしたまま忘れてISO感度やWBを変えちゃうのはイヤ(何度もやりました)、という人はレバーを他のモードにするといい。

 例えばモード4にするとレバーで2つのフォーカスモード(S-AFとMFとか)を切り替えられるのでMFをよく使う人にお勧め。モード3にするとレバー2にしたとき動画ボタンをFnボタンとして好きな機能を割り当てられる。

 レバーとツインダイヤルは凝ったセッティングで撮影したい人にすごくよい改良だ。

 それ以外は従来のPENを踏襲。上面にはFnキーがあるし、背面には拡大キーがある。背面モニタはP3と同じくチルト式で、パネルは有機ELから液晶パネルに変更。静電容量式タッチパネル搭載は変わらずだ。

 アートフィルターは2012年秋モデルから搭載されているウォーターカラーを含む12種類。

 さらにフォトストーリーモードを追加。複数の写真を1枚にレイアウトした撮影を行う機能で、レイアウトやアートフィルターの組み合わせを楽しむことができる。

 バッテリはOM-Dと同じBLN-1となった。こんなところにもOM-Dの影響が見て取れる。

●ユニークな3種類のセットに注目

 E-P5と同時に新型の外付けEVFユニット、VF-4も発表された。ちょっと分かりにくいがこれはVF-2の実質上の後継モデル。VF-3は廉価版のEVFであり、ちょっとランクが違うのだ。

 このVF-4がすごい。236万ドットの高精細なパネルを使用した上に、ファインダー倍率は1.48倍という。さらにアイセンサーがつき、自動的にEVFと背面モニタが切り替えられるようになった。なお、モニタがチルトしているときはEVFのアイセンサーは無効になる。モニタをチルトさせてタッチパネルを操作するとき、手でアイセンサーをふさいで切り替わってしまう誤動作を防ぐためだろう。

 VF-4はやや大きいが、見え具合はOM-Dをはるかに上回り、のぞき込むと被写体がひとまわり大きく見えるほどだ。単体での販売価格は価格は3万2000円とVF-2よりすこし高価になったのだが、安く入手する方法がある。

 今回、E-P5は6種類のキットを用意した。

 そのうち3つはプレミアムウッドグリップを装着した「プレミアムキット」。P3ではグリップは着脱可能で交換できたが、P5では固定式だから最初に通常のグリップはプレミアムウッドグリップかを選ぶ必要がある。着脱式でない理由は、グリップ部にWi-Fiユニットが入っているからのようだ。

 残り3つのうち、ひとつが「事実上」ボディのみのモデルとなる「OLYMPUS PEN E-P5 ボディーキャップレンズセット」だ。「事実上」と書いたのは、ボディキャップの代わりにボディキャップレンズ「BCL-1580」がついてくるからだ。BCL-1580はボディキャップとしても使えるF8固定のMFレンズで、撮影もできるボディキャップと思っていい。

 ふたつめは17mmF2.8のレンズキット「OLYMPUS PEN E-P5 14-42mm レンズキット」、みっつめは14-42mm F3.5-5.6 IIRのズームレンズキット「OLYMPUS PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット」となる。で、こちらのレンズキットには、いずれもVF-4が付属するのである。

 そしてボディのみともっとも廉価な14-42mmキットの価格差は約2万円。レンズの価格を考えると、VF-4が超格安で入手できるということになる。できればEVFも一緒に使ってください、というメッセージだろう。

 今回試用したE-P5はまだ製品版ではなく、画質評価もWi-Fiの試用もできなかったが、従来のPENより確実の一世代進んだ製品に仕上がっているのは確か。PENシリーズのハイエンド機を待ち望んでいた人は6月下旬の販売開始を首を長くして待つべし、というカメラである。

[荻窪圭,ITmedia]

すべてのトピックスをみる - livedoor トップページ外部サイト
E-P5最大の進化、それは“喜び” 新PEN発表会PENデザイン進化、5軸手ブレ補正や高速シャッター装備の最上位モデル 「OLYMPUS PEN E-P5」オリンパス「E-P5」「E-PL6」購入者へレンズフードやボディキャップレンズなどプレゼント関連ワード:OLYMPUS PEN レバー ISO Wi-Fi QRコード ツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7710749/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


メルセデスの不正なタイヤテストに他チームが抗議
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000046-jij_afp-moto




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2013-05-27 Mon 07:43

インディ500、佐藤は13位 総合2位に後退




写真拡大
 自動車のインディアナポリス500マイルで前のマシンを追い上げる佐藤琢磨=インディアナポリス(ロイター=共同)  【インディアナポリス(米インディアナ州)共同】自動車のインディカー・シリーズ第5戦、伝統の第97回インディアナポリス500マイルは26日、米インディアナ州のインディアナポリス・モータースピードウエーで200周(1周約4キロ)の決勝が行われ、元F1ドライバーで36歳の佐藤琢磨(ホンダ)は13位に終わり、総合王者争いで2位に後退した。38歳のベテラン、トニー・カナーン(ブラジル、シボレー)が初優勝。
すべてのトピックスをみる - livedoor トップページツイート!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');コメント0


http://news.livedoor.com/article/detail/7709333/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


琢磨13位、総合2位に後退/インディカー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130527-00000003-nksports-moto




【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

10 «
2017.11
» 12


123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。