ホーム > 2012年08月 TotalPages91 next

--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

2012-08-31 Fri 20:09

1860年創業のスイス時計ブランド、タグ・ホイヤーが「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME 2012」を発表




写真拡大

LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン株式会社 タグ・ホイヤー ディヴィジョン(東京都千代田区)は、昨年初めて開設された「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME(ジャパン・モーターレーシング・ホール・オブ・フェイム)」を、今年度も選考・表彰させていただくことになりました。「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME」は、日本のモータースポーツをはじめ、自動車産業や自動車文化などの分野で多大なる貢献を果たしてきた功労者を表彰するもので、今年で2回目を迎え、表彰式典は2012年10月3日(水)に都内で開催されます。


http://www.tagheuer.co.jp/brand/campaign/entry-872.html


タグ・ホイヤーは、1911年に自動車・航空機用のダッシュボードクロノグラフ“タイム・オブ・トリップ”の特許を取得して以来、1933年には世界初となる車載用12時間タイマー付クロノグラフ“オウタヴィア”を発表。第二次大戦後もオウタヴィアの腕時計型を1962年に発売したのち、1964年の“カレラ”、1969年の“モナコ”、1974年の“シルバーストーン”、1975年の“モンツァ”、そして1986年の“フォーミュラ1”など、モータースポーツの息吹と伝統を体現したコレクションを世に送り出してきました。

1970年代には伊・スクーデリア・フェラーリのオフィシャルサプライヤーとして、同チームのF1公式計時を担当しました。1985年以降には、英・マクラーレン社とF1GP史上最長のパートナーシップを構築しています。マクラーレン社との長きにわたる技術提携や、フォーミュラ1に参戦する ボーダフォン・マクラーレン・メルセデス チームの両雄、ジェンソン・バトン選手とルイス・ハミルトン選手をアンバサダーに迎えるなど、常に自動車およびモータースポーツの歴史とともに歩んできているのです。

この約一世紀以上にわたるタグ・ホイヤーのモータースポーツと築いてきた歴史の新たな一ページとして誕生したのが、「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME」です。
昨年度は初の試みとして“GQ”誌編集長の鈴木正文氏、自動車/工業デザイナーの奥山清行氏、レーシングドライバー/チーム監督/タレントの近藤真彦氏を推挙、表彰させていただきました。
そして今年度の「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME」は、さらに企業・団体にも対象を拡大。自動車デザイナーの中村史郎氏、ル・マン24時間レースで日本人初の総合優勝を果たした関谷正徳氏、日本の自動車文化の普及に貢献した堺正章氏に加え、半世紀以上にわたって世界のモータースポーツ現場にスパークプラグを供給してきた日本特殊陶業株式会社を表彰させていただくこととなりました。


「JAPAN MOTOR RACING HALL of FAME 2012」受賞者プロフィール(50音順)

- 堺(栗原)正章:Masaaki Sakai

1962年グループサウンズ“ザ・スパイダース”のボーカルとしてデビュー。ザ・スパイダース解散・独立後はソロ歌手に転向、数多くのヒット曲をリリースしたほか、ドラマやバラエティ番組でも大活躍。国民的スターとなった。
現在でも歌手、俳優、TV司会者などオールマイティにこなし、日本を代表するエンターテイナーの一人として圧倒的な支持を得ている。
芸能活動の傍らで、プライベートでは世界的な自動車愛好家としても知られ、日本のクラシックカー・タイムラリーの代表格“La Festa MilleMiglia(現在はLa Festa Autunnoに改称)”には、1997年の第一回から参戦。常に優勝候補の一人に目される、トップコンテンダーとなっている。さらに、クラシックカー・タイムラリーの世界最高峰とされる本国イタリアの“MilleMiglia”にもほぼ毎年のペースに参加し、わが国におけるこの種のイベントの象徴的リーダーとして尊敬されている。またタイムラリー競技には真剣に取り組む一方で、沿道に詰めかけた一般観衆との触れ合いを、ほかのどのエントラントよりも重要視。結果として、わが国における自動車文化を大衆に広めることに絶大な貢献を果たしてきた。


- 関谷正徳:Masanori Sekiya

1971年、富士500kmレースでデビュー。当初は数々の耐久レースやツーリングカーレースで活躍した。
1982年に渡英。イギリスのフォーミュラ・アトランティック選手権で6戦中5戦入賞したのち、1983年にトムス・チームと契約。1984年には全日本耐久選手権に参戦した。以後は全日本F3000選手権(現フォーミュラ・ニッポン)や全日本ツーリングカー選手権、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)などで活躍する。その戦果は海外の一流レースでも目覚ましいもので、1992年にはル・マン24時間レースでトヨタTS010をドライブして総合2位入賞を果たす。さらに1995年には、マクラーレンF1GTRとともに出場。日本人初の総合優勝ドライバーとなった。
現在はスーパーGT選手権および全日本F3選手権に参戦するトムス・チームの監督を務める傍ら、フォーミュラ・トヨタ・レーシングスクールの校長としても活躍。また、トヨタのドライバー育成プロジェクトのスーパーバイザーも務め、これまでに中嶋一貴選手や小林可夢偉選手などの日本人F1ドライバーを輩出してきた。


- 中村史郎:Shiro Nakamura

日産自動車常務執行役員 チーフクリエイティブオフィサー(CCO)。
1974年武蔵野美術大学工業デザイン専攻卒業後、いすゞ自動車(株)に入社。1981年に米国アートセンター・カレッジ・オブ・デザインのトランスポーテーションデザイン科を首席修了。その後、GMデザインに勤務後、いすゞ自動車欧州デザインマネージャー、米国副社長、デザインセンター部長を歴任した。
1999年に日産自動車に就任したカルロス・ゴーン社長(当時COO)にヘッドハントされ同社に入社。2000年にデザイン本部長に就任以来、日産リバイバルプランの中心的存在として活躍し、日産の復活の原動力となった。さらに2001年より常務執行役員、2006年にはブランドマネージメントを兼任するチーフクリエイティブオフィサー(Chief Creative Officer =CCO)に就任。その間、フェアレディZ、キューブ、GT-R、ジューク、リーフ などの「日産」ブランド車種と、M、FX、Essence(コンセプトカー) などの「インフィニティ」ブランド車種のすべてのデザインを統括・指揮し、日本独自の美意識と日産自動車の伝統をベースとした、独創的かつ革新的なデザインを生み出している。また、日本の自動車デザイン環境を欧米並みのレベルに高めた功労者として知られる一方で、プライベートではクラシックカーにも深い造詣を持つ自動車愛好家でもあり、世界各国で開催される名門コンクール・デレガンスで審査委員を務めるなど、自動車文化の高進にも大いに貢献してきた。
2010年には国際的なデザイナー賞である米国「Eyes On Design Lifetime Achievement Award」や、その年クリエイティブな業績を上げた人物に贈られる米国 FAST COMPANY誌「100 Most Creative Person Best 4」(ちなみにBest 1はLADY GAGA氏)に選考された。


- 日本特殊陶業株式会社(NGKスパークプラグ)尾堂真一:Shinichi Odoh

日本特殊陶業株式会社は、1936年に創業。自動車エンジン用スパークプラグでは、今や世界最大手のメーカーとして知られる。
1964年には、第一期ホンダF1チームとともにF1GPにチャレンジを開始したのち、1970年代にはロータス、そして1980-90年代には第二期ホンダF1をはじめとする各チームにスパークプラグを供給。近年ではマクラーレン/メルセデスAMGやフェラーリなどの最有力チームとも独占的なテクニカルサポート関係を締結し、F1通算で280勝以上の優勝に貢献。日本発の世界トップブランドとして尊敬を集めてきた。また2輪レースの分野でも、世界の最高峰カテゴリーであるロードレース世界選手権(現Moto GP)でトップチームとテクニカルサポート契約を結ぶ一方、アマチュア向けレースを後援するなど、広い視野とともにバックアップ体制を用意してきた。
今季2012年シーズンは、4輪のF1GPではフェラーリ(スクーデリア・フェラーリ)とメルセデス(メルセデスAMGおよびマクラーレン・メルセデス)。世界ラリー選手権(WRC)ではシトロエンWRCとフォードWRCと、それぞれテクニカルサポート契約を締結。また2輪のMoto GPでは日本のホンダとヤマハ、イタリアのドゥカティなどの最有力ワークスチームとテクニカルサポート契約を締結している。
一方国内においては、ス-パーGT選手権GT500カテゴリーに参戦するホンダ、日産(ニスモ)へのテクニカルサポートを実施。2輪でのロードレースおよびモトクロスに対しても、国内4メーカーへのテクニカルサポートを実施している。そして来シーズン以降も各カテゴリーに対して、継続してテクニカルサポートを実施してゆくことが既に決定している。


※写真の<カレラ クロノグラフ デイデイト モナコグランプリ限定モデル>はタグ・ホイヤーと世界で最も古く名声の高い自動車クラブの一つであるモナコ 自動車クラブのパートナーシップを祝して誕生したタイムピースです。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへすべてのトピックスをみる - livedoor トップページ



http://news.livedoor.com/article/detail/6908471/
※この記事の著作権は配信元に帰属します。


ザウバー、高評価の新人と交渉か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120831-00000012-rcg-moto




スポンサーサイト
【PR】可愛い女の子を落とすのなんて簡単さ!

07 «
2012.08
» 09


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。